2014年7月2日水曜日

90分中一人の選手がボールに触れてる時間は二分だけなんだ



ふわふわした知識でしか実況できないし
せっかく憶えた選手の名前も大会終わったら殆ど忘れるだろうけど
毎晩絶対テレビをつけてしまう

スポーツとエンターテイメントが
どれだけ人の日常を支えてるかと思うと
身の引き締まる思い

2014年6月17日火曜日

バンダナ柄のラグ



在宅アシスタントを増やして
作業場を2人体制にして
ロフトで作業しなくしたら
部屋が片付いて
人間らしい暮らしができるようになった。

あれこれ理由つけて逃げるのは
結局自分が苦しいだけで
生産的じゃなかった。

工夫すれば
苦手なことも楽しくなるね。

今日やってきたバンダナ柄のラグ。
新しい風を運んできてくれました。

2014年6月3日火曜日

もしもし



私はいつも何かに対してとても怒っていて

たまにそれが悲しくなるけれど

「それでいいんだよ」って話を聞いてくれる人がいてくれるので

今日も変わらず怒っています

2014年2月26日水曜日

一目惚れしたデニーズ


夜、車を走らせていたら
国道沿いにあるアメリカンダイナーのようなデニーズを発見して引き返した。

パルプフィクションごっこをしたくなるようなソファ席や
ツインピークスのクーパー捜査官がチェリーパイを頼んでそうなカウンターや
そこはかとない場末感。
わたしの好みが詰まったデニーズだった。

もう今は別れてしまったけど
大好きだったカップルがかつて暮らしていた街にありました。









私はアメリカンダイナーが大好き。
アメリカンダイナーが出てくる映画には無条件にドキドキしてしまう。
いつかアメリカに行って
素敵なダイナーを巡る旅をしてみたい。

2013年8月28日水曜日

セルフブランディングの類いではなく信条として




わずかな運だけでなんとかやってきた才能のないわたしみたいなもんは
脚力だけが生命線で
逆にそれだけは本当に自信があって


何かありそうな場所を見つけては
あっちこっち駆け巡っていくんだと思うと
愉しい人生だな、と思う


わたしは記者であり職人であり
わたしの作品は報道です





秋の空気が
ユニコの夜風のように忍び寄ってきました


2013年7月4日木曜日

いっそのことディファイン



予約三ヶ月待ちの金竜山に遂に行けた。
三ヶ月前の話だからあの予約はマボロシだったんじゃ・・・?
と心配だったがマボロシじゃなかった。



弧食を愛する者も
一人でこの肉はナンセンスだ。
一緒に唸れるひとと行くのが賢明。


金竜山
日本一アガル肉体験。














スノッブな作家きどって
文壇バー『風花』へ。



隣に座っていたハードボイルド作家のおじいさんに
あんたは家田荘子と同じ暗い目をしているから将来豪邸を建てるぞ、と言われた。





そのおじいさんに、おまえは精神的レズと考察された寝間着少女は
お酒を全く注がない。
カウンターに座っている客は手酌という惨事。




食べ物何かないの?と聞くと
少しずつ簡単なもの出していきますよ、と言われたんだけど
結局2時間何も出てこなかった。
でもそんなことはどうでもいい店。

ふわふわと探り合うのが楽しい夜だった。